椎間板ヘルニアでの入院76日目。

統計を元に「喫煙」「禁煙による健康」そして「お金」について書いていこうと思います。
当ブログは数ヶ月に及ぶ入院体験をもとに「椎間板ヘルニア」をはじめとする「腰痛」をテーマにしたサイトです。
しかし当時はブログネタが枯渇状態、そして周りに喫煙者が多くいたことで調査しブログ記事にまとめました。

タバコとお酒は腰痛と関連性があると言われたこともいあります。(信憑性はかなり低いです)

禁酒の記事を書いたので「タバコ」「喫煙」「禁煙」についても書いていこうかなと思い立ち、書いた次第です。

スポンサーリンク

喫煙者と禁煙者

禁煙

喫煙による健康被害が叫ばれる中、タバコの値上げや喫煙所の減少など喫煙環境が厳しくなっています。

20年前と比較して、喫煙者もかなり減少したかなと思ったのですが、医師や看護師を含めて、病院関係者の大多数がタバコを吸っています。

これはかなり意外でした!

結構みんな、ストレス溜まっているんでしょうね。

喫煙による健康被害

喫煙者とたばこの消費量

年齢による喫煙率のグラフ
参照
http://www.health-net.or.jp/tobacco/product/pd100000.html

男性の喫煙率は約32%、女性は約8%、男女平均は約19.3%。

過去20年で50%以上あった喫煙率からするとかなり減りました。
しかし世の中の10人に2人はたばこを吸うんですよね。

一人当たりのタバコ消費本数
参照
http://www.health-net.or.jp/tobacco/product/pd070000.html

年間一人当たりのたばこの消費量について最新データの2007年で2,341本。
一日のタバコを吸う本数は6~7本程度。

15歳以上を対象にしています。
しかも人口数で割ったものです。

たばこの消費量を喫煙者数で割れば一人当たり、もっと多くたばこを吸っているでしょうね。

1日一箱20本以上吸っている人も多いのではないでしょうか?

タバコが原因で死亡する割合
参照
http://www.health-net.or.jp/tobacco/risk/rs410000.html

WHOなどの試算によると、日本でたばこが原因とされる死亡数は、114,200人(男性90,000人、女性24,200人)になると言われています(2000年)。

1995年の統計でタバコ関連死は世界で300万人以上と言われています。

飲酒もそうでしたが、調べてみてみると思っているよりも少なく感じました。

実際に日本の人口に当てはめるとこんな感じ。
喫煙率は1億2,000万人の約20%、おおよそ2,100万人。

成人男性は5,000万人の内の約1,600万人、女性は5,500万人の内の約500万人、計2,100万人が喫煙している結果となりました。

2,100万人の内の10万人ですからタバコが関係して死ぬ人って約0.47%なんですよね。

意外と死亡率が低いんです!!

「死」の心配だけで言えば、これだけ低いのであれば「健康」を理由に禁煙をする必要がないかもしれません。

残念ながら病気の発症率の詳しい統計がなかった(わからなかっただけかとしれません)です。

喫煙により、寿命が男女平均で9年減ると言われています。
喫煙と飲酒のダブル攻撃で食道ガンの危険が50倍、受動喫煙での被害もあります。

そんな中喫煙者の24%が喫煙をやめたいと思っているそうです。
参照
http://www.seikatsusyukanbyo.com/guide/smoking.php

次にタバコによる主な病気の事例を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

タバコによる主な病気

タバコと灰皿にある吸い殻

タバコを吸うとさまざまな病気を発症する原因に。
病気になるとツライ闘病生活が待っています。

その病気、疾患の例を幾つか挙げたいと思います。

がん

喫煙するとさまざまなガンの発症率が上昇。

タバコにはニコチンなどの発ガン性物質が含まれているからです。

代表的なものは肺ガンですがその他のがんも紹介します。

  • 肺がん
  • 口腔がん
  • 食道がん
  • 胃がん
  • 乳がん
  • 子宮がん

女性のがんとも深く関わっていることも。

心筋梗塞

心筋梗塞とは心臓の筋肉と連動している冠動脈という血管が詰まり、心臓の筋肉が働かなくなってしまう病気。
最悪の場合、心臓が止まる可能性もあります。

タバコに含まれる成分に血管を細くする作用があるためです。

気管支喘息

タバコを吸うと気道を強く刺激するため、炎症を引き起こしやすくなります。
そのため気管支が悪くなり喘息を誘発する恐れも。

消化器系疾患

喫煙によって食道や胃、肝臓、すい臓などの消化器系に疾患を及ぼす可能性があります。
胃潰瘍、肝炎、十二指腸潰瘍、膵炎(すいえん)などの恐れが。

歯周病

ニコチンによって血流が低下したり、一酸化炭素によって酸素が十分に供給されずに歯肉が炎症を起こし、歯周病になる恐れがあります。

歯周病が進行してたくさんの歯を失う可能性もあるそうです。

その他、骨粗鬆症や肺気腫、糖尿病、慢性閉塞性肺疾患などになる恐れがあります。



病気以外の喫煙のデメリット

喫煙による悪影響

老けや肥満、脱毛の原因にも

病気以外に喫煙によって身体にさまざまな変化が起こると言われています。
たとえばタバコを吸う人は老け顔になりやすい。

タバコはビタミンを破壊して老化が早まると言われています。

そのた肥満や頭髪の脱毛の原因の一つにもなっています。

医療費の負担が高くなる

多分最大のデメリットではないでしょうか?
病気のリスクは上記で記載しましたが、もし万が一、病気になってしまったら莫大な医療費が必要になります。

喫煙による病気で必要になる一人当たりの費用は癌で60〜200万円くらい(29日入院)。

詳しく調べていないのですが、お金がかかることは間違いないです。(不確かで申し訳有りません)

しかし全体の統計として2000年の喫煙者の医療費は1兆2,900億円、早死にすることで被る経済損失は5兆8,000億円、その他の要素を含め合計7兆3,200億円もの経済損失があると言われています。

https://sites.google.com/site/judoukitsuenhahanzaidesu/kitsuen-niyoru-keizai-sonshitsu
「喫煙による経済的損失の推計結果」より

喫煙によるメリット

喫煙所

唯一のメリットはストレス軽減です。

実は家族がタバコを吸っています。
禁煙時にはイライラしたり落ち着かない様子でした。
それが禁煙を失敗後にはイライラしなくなり晴れやかになっています。

健康を害する可能性があってもイライラせず、穏やかにしていてくれればホッとします。(タバコやめてほしいけど)

まとめ

禁煙マーク

喫煙と禁煙について調べてみた感想は古いデータも多かった。
昔と比べたらタバコの自動販売機も見かけなくなったし吸う場所もかなり限定されています。

愛煙家にとってはツライご時世ですが、時代の流れとも言えます。

タバコをやめてもらいたいという気持ちもあるので、ネガティブに書きました。

マイケル・サンデル氏の講演「Justice(正義)」の中に出てきた費用便益分析という観点から見ると、上記の失われる損失と社会が禁煙して被る損失とを比べる必要もあります。

禁煙社会により長寿が増え、さらなる国家医療費、社会保障費用や年金など、どちらが多くの損失を被るかを考えなければなりません。

健康を害すると言っても未来のこと。
気持ちよくタバコを吸っている人に禁煙を勧めるのはナンセンスな感じがします。

飲酒と同じです。

やめたいと思っている人に少しでも恐怖を与えることができたらと思って書きました。

国家的な大きなものじゃなくて、自分自身のお金と癌についてだけでも考えてくれたら嬉しいです。

参考
http://www.health-net.or.jp/tobacco/front.html