腰椎椎間板ヘルニア 闘病生活72日目の記事を再編集しました。
72日も入院するというのはかなり長い入院。
腰痛でこれだけ入院する人は少ないんじゃないでしょうか。

手術後もうすぐ1ヶ月経ちます。

インターネットで椎間板ヘルニアについて調べると、腰椎椎間板ヘルニア手術後、早ければ手術後3日経ってからすぐに退院している人も見かけます。

まだ抜糸もしていないのに退院ってすごいですね。

ということで長期入院と短期入院についていろいろと考察します。

スポンサーリンク

短期入院のメリット・デメリット

腰痛で入院

メリットは社会復帰が早くできる。

通院であらかじめ手術が決まっている場合は手術数日前からの入院。
検査もあらかじめ受けているのであとは手術を待つだけですよね。

一気に症状が改善されればよいのですね。

あっという間に退院できます。

手術後、なるべく早く仕事復帰したい場合はムリしてでも退院する人もいます。
仕事が忙しく代わりのいない状況の人、またフリーライターの方も休んでいては収入がなくなるので短期入院を希望するそうです。

デメリットは調子が悪いのに退院して再度、腰痛を患い苦可能性があるということ。

早期退院した後で腰の具合の痺れ、痛みを感じた場合は再度入院する羽目に。

勝手なイメージかもしれませんが、早めに退院は再発のケースがおおいように思います。
入院中はインターネットで「椎間板ヘルニア」「入院」というキーワードで検索していました。
短期入院、早期退院で腰痛を再発するケースの記事をよく見かけました。

デメリットではありませんが、ベット数が足りない都会の病院では少しでも動ける人から順番に退院してもらい、通院で対応してもらうというケースもあるのではないでしょうか?

病院の都合、医師の方針ということが考えられます。

また手術して痛みは残っているものの自宅療養、普通に生活してもらい通院で対応していくというケースもあるようです。

長期入院のメリット・デメリット

手術後にリハビリをする男性

メリットと言えるかどうかわかりませんが、医療保険、生命保険に加入している場合は入院給付金を受け取ることができます。
日額10,000円、5,000円など。

サラリーマンであれば傷病手当を受け取ることができます。

日額の7割を補填してくれると記憶しています。

日本社会と会社に守られているのだと感謝しました。

何かあった時の保険加入についても本当にありがたく思っています。


腰椎椎間板ヘルニアで入院した時に非常に役立った医療保険

デメリットは家に帰れないこと、仕事ができないこと、遊べないこと。

とにかく腰椎椎間板ヘルニアでの長期入院は非常にツラかったです。

スポンサーリンク

自分の体験談より

手術のことは何も考えずに救急車で運ばれ入院し、保存治療を行った後に手術に切り替えました。

入院しながらの保存治療してから、手術を受けると当然長期入院となります。

手術後も体調が良くない場合はリハビリや経過を見ながらの入院がつづきます。

仕事に復帰するのが遅くなりますが、社外復帰した後や椎間板ヘルニア再発の確率が下がるのではないでしょうか?

短期入院(早期退院)、長期入院は医師の方針にも左右されるかもしれません。

以前、早く退院したい旨を医師に伝えると仕事に行ったり重たいものを持たずに家で安静するなら通院に切り替えてもよいと言われました。

腰をかがめると痛みが出てしまった事があるので、ムリに退院せずに良かったです。

まとめ

病室の廊下

以上「手術のみの入院」か「保存治療プラス手術」での入院かによって違います。

病院や医師の方針と自身の意思によっても入院の長さに違いが出てきます。

短期入院で早期退院の人は体にくれぐれも気をつけてください。

再入院や再手術をするようでは元も子もありません。

追記 入院状況

病院の枕

本日、一人きりだった大部屋に新たな同居人が来ました。
同じ歳ぐらいの男性で首の骨が原因で左足など左側にしびれや痛みがあるそうです。

手術後らしいのですが、痛みはまだ取れず大変な思いをしているとのこと。
日本でもかなり珍しい病気みたいです。

病室がだんだんいっぱいになり、元オレのいた場所も新たな患者さんが入りました。
退院していく人もいればまた、入院したり転院してくる人もいます。

人間生きている間は体の調子が悪くなって入院することも。

ムリをしないことと一度入院したらしっかりと治すことをお勧めします。