腰椎椎間板ヘルニアでの入院生活 75日目です。
腰椎椎間板ヘルニアの内容ではなく番外編として再編集しました。

お酒好きの当ブログ管理人ですが、なんと入院中はお酒を一滴も飲んでいません。(当然ですが^^;)

成人、大人になると許可される3つ

  • お酒
  • タバコ
  • ギャンブル

はまってしまい、依存症になるケースもあり、しばしば問題にも。

3つとも、ハマってしまうと健康面、金銭面で非常に悪いです。
しかしなかなか止めることができません。

10年前にタバコを止めました。
タバコを止めてからパチンコ屋さんに行かなくなりました。

禁煙席があったとしてもタバコを吸わないパチンコは、パチンコじゃないです。

話はそれましたが、今回は禁酒について記事を書いていきます。

闘病生活3ヶ月イコール禁酒3ヶ月目。

乾杯

今回、入院を機にお酒が止められるかもしれません。
3ヶ月お酒を飲んでいません。

あの激痛の最中こう思いました。

shinji

お酒は飲まない!!

それくらい辛かったです。

お酒だけではなく、タバコ、ギャンブルをやめる時の方法としても利用できます。

スポンサーリンク

ダメな禁酒の方法

お酒を飲む女性

絶対に失敗する方法を書きます。

飲んだつもり貯金。

ダメなやつです。

そのうち飲みたくなってきます。

1日1本だけ禁酒法

これもダメなやつです。

なあなあになってだんだん量が増えていきます。

宣言型

意志の強い人限定。

たとえ宣言しても覚悟が足りないためにいろいろ理由をつけて禁酒を止めてしまうでしょう。

この中には俺が最後の1本とか、3日後から止めるという宣言もありますが、必ず止めれません。

退院後の自分と、止めたいけど止めれない人のためにアルコール性肝炎やアルコールによる健康被害に関する統計を調べてみました。

¥2,376 (2018/11/16 08:54:58時点 Amazon調べ-詳細)

飲酒による健康被害の統計

オリオンビール

統計を知ることでお酒をやめることができる人もいます。
そんな統計について書いていきます。

1日の飲酒量がアルコール換算で60g(日本酒なら3合、ビールなら缶ビール350ml3本)以上は「多量飲酒」という扱い。

アルコールが関連した死亡者数は毎年3万5,000人と言われています。

生活習慣病のリスクが高まる飲酒をしている人の割合について、男性13.9%、女性は8.1%、男女の平均は11%。

約1億2,000万人のうち、お酒を飲める飲酒可能年齢の20歳以上の人口は約9,500万人〜1億人程度と考えられます。

そのうちの950万人〜1,000万人が飲酒による健康被害にあっている可能性があるということです。

以外と少ないんで拍子抜けしてしまいました。

参考
http://www.seikatsusyukanbyo.com/statistics/disease/alcoholic-hepatitis/

http://www.seikatsusyukanbyo.com/statistics/disease/alcoholic-hepatitis/

http://www.stat.go.jp/data/jinsui/2014np/

スポンサーリンク

健康についての反対意見

大勢で飲むお酒

少ないような気はしますが続けます。

統計ではお酒が原因で亡くなる人は毎年3万5,000人です。

1,000万人近くの人が病気になるのではないでしょうか。

しかし過度な飲酒をしても病気にならない人もいます。
飲酒で病気にならない人を引き合いに出して、いかに無意味な事かをいう人も。

たしかに酒豪の人でも健康な人はたくさんいます。

元気な人もいるのだから飲んでも良さそうですよね。

重要なのは「今」か?それとも「将来」か?

ビール

重要な事は「今」と「将来」という概念です。

今は健康かもしれませんが将来に健康被害が出る可能性もあります。

当たりそうにない宝くじを買っただけで当たる気になるのであれば、過度な飲酒で死亡する3万5,000人に自分が入いる可能性も考えなければなりません。

自分自身が飲酒による病気の可能性も統計の中に入っていると考えなければなりません。

しかし行動経済学では将来の事より現在の事を重視する傾向にあるとの研究結果がありますが、まさにそれです。

金銭的にどれだけ勿体ないか、どれだけ時間を損失しているか、健康にどんな害があるか、未来を見れば明らかなのに止めれないのです。

今が楽しければよい、今が気持ちよければよい。

そんな感じでしょうか?

病気になるかどうかもわからないのに、将来の心配をするのはおかしい、という感じです。

まあ、バカバカしいですよね。言いたい事はわかります。

将来、交通事故で死ぬかもしれないし、飛行機事故で死ぬかもしれない。

それなのに我慢できないものを、しなければならないって苦痛かもしれません。